2011年05月24日

一杯の水

小さい頃、今のセレモニー事務所がある

甲府市美咲町に住んでいました

近所の子供達とよく遊びました

遊んで喉が渇くと目の前の家に行き

「水くださ〜い」と水をもらい

飲んでは、また遊んでいました

とくに知っている家ではなく

その時に遊んでいた所から一番近い家に

もらいに行っていました

氷が入っていたのか?いなかったのか?

思い出せませんが、よく水を飲んでは

暗くなるまで遊んでいたのを覚えています

今!水をもらいに来る子供はいませんし

周りでも、その様な光景を見掛けることはありません

たかが、水の話ですが、あの頃と今では

大きく変わりました

僕の考えは、あえて書込みませんが

また、あの頃の様な時代になればと思います

皆さんは、この水の話をどう思いますか!?

「すいませ〜ん 水くださ〜い!」
posted by 山 典 at 15:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
水の話…
読んでるうちになんだか懐かしさが心にこみ上げてきました。
確かに昔は近所って繋がってた。
怖いおじちゃんにやさしいおばちゃんetc
役割は違えどみんなで地域の子供たちを守ってくれてた。
子供ながらにそのことになんとなく安心していたなと…
悪戯ばっかして代表のおばあちゃんにもよく怒られたけどね。
全て昔が良かったなんて言っちゃうのはちょっと悲しいしから今自分たちにできること少しでもやってかないとね。
自分たちの子供が大人になったとき自分たちの少年時代を懐かしく思い返せるように…
また寄らせていただきます。
Posted by ZAKO at 2011年05月27日 00:19
コメントありがとうございます。
自分達の子供が僕達と同じだった様に
少年時代を懐かしく思い返せる様にしたいですね。
政治や誰のせいでもなく
自分に出来ることで!!
Posted by サンテン 山下 at 2011年05月27日 09:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/203689390
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック