2011年07月19日

祝!なでしこJAPAN!(大輪の花)

いや〜 やりましたね
 
なでしこJAPAN!

おめでとうございます!

周りの予想を覆しての勝利

僕の周りのみんなも、アメリカには勝てないとの意見

僕だけが、日本の勝利を予想していただけに!鼻高々(笑)

ベテランが若い選手を叱咤激励し、中堅所がベテランを後押して

まさにチーム一丸での優勝!

     77777.jpg        

また、世界中の方々も日本を気遣ってくれて、祝福してくれました

ありがたいことです

諦めない姿!一生懸命な姿に心を打たれました

見る者を熱くさせますし、感動させられますね

スポーツは!
 
東北の地にも、届いたことと思います!!

ありがとう!なでしこJAPAN!
posted by 山 典 at 22:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なでしこJAPANの快挙にいてもたってもいられず久々書き込ませていただきます。
ここしばらくは、オーナーも書かれてたように日本の政治や教育に誰もが不安を覚え、特に東日本大震災後の政府の対応に諦めにも似た感情が日本全体を包み込こみ、閉塞感が充満していたように思えます。こうしたどん底の状況におけるここでしかない絶妙なタイミングでのなでしこJAPANW杯優勝の朗報は、神様がさしのべてくれた救いの手に思えた人も多かったのではないでしょうか。
とくに決勝トーナメントに入ってからの展開は、どんな売れっ子作家にもかけないようなドラマティックなストーリーの連続だったように思えます。
そしてそんな脚本を見事に演じきったなでしこJAPANには本当に頭のさがる思いです。もちろん、いくら神がかっていたとはいえ、実力がともなわなければ今回の偉業は達成できるものではありませんし、不遇の時代から積み重ねてきた数え切れない程の多くの選手・スタッフ、様々な方々の努力の数々が今回の結果を導いたのだと思っています。選手たちのひたむきさに日本中が心から感動し、鬱積していた不満をふっ飛ばして文字通り、東北復興に向け一致団結することができたような気がしました。
あらためてスポーツのもつすばらしさをみせつけられた思いです。どんな立派な政治家や学者でさえもできなかったことをそのひたむきな姿と決して折れない心で私たちに思い起こさせてくれました。そう日本人としての誇りを!そして美徳を!!どんなにつらいときでも支えあうことができる素晴らしさと大切さをなでしこJAPANの小さくて偉大な娘たち(笑)が私たちを目覚めさせてくれたのです。
フォアー ザ チーム
フォアー ザ 東北
自らを捨て、誰かのために何かをする美しさにあらためて気付くことができました。
これからは、東北の復興・日本の再建のため微力でも自分たちに何ができるのかよく考えたいと思っています。
最後に
おめでとう なでしこJAPAN
そして
ありがとう なでしこJAPAN
Posted by ZACO at 2011年07月21日 01:22
素晴らしいコメントありがとうございます!
コメントを読みながら
また、元気をもらいました。
Posted by サンテン 山下 at 2011年07月21日 09:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/215781764
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック