2012年01月25日

仁王像


最近、ブログの観覧件数が、急激にあがっています

「ありがとうございます」

ブログを見た方で、社寺仏閣に興味を持ち

京都・奈良を旅されて

お土産を頂きました(嬉)

今回は 【仁王像】

について掲載させて、頂きます

niouan-1-11111.jpg

真言宗の寺院に行くと、山門の両脇に、よく飾られています

仏教を信じる者を、外敵から守る役目をしています

口を開けている像を 【阿形・あぎょう】

口を閉じている像を 【吽形・んぎょう】

この二つの像の姿から

【阿吽の呼吸】

という言葉が生まれました

臨済宗・曹洞宗の引導法号で (極楽浄土へ導く儀式のこと)

導師様が松明を (炎を真似た棒のこと)持って

何かを描いていますが…

【吽】の文字を描いています…人生の終わりの意味

参考になりましたか!?

少し、専門分野すぎたかな〜

次回は、もっと分かりやすくしますね


posted by 山 典 at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/248630292
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック