2013年03月26日

死の扱われ方


仕事柄 死については慣れている所もあり

その反面 敏感な所もあると思っています

思います

死はみんな平等に訪れるのに

死の扱われ方は違う

年齢や性別 金銭の問題 宗派の関係

生前の生き方など

死は平等なのに

何か不平等だな…

これが世界だったらどうなのかな?

目の色や肌の色の違い貧富の差

死は平等に訪れるのにね…


posted by 山 典 at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 葬儀の多様化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック