2013年12月25日

山梨県総合計画審議会(環境部門)A


環境問題について各部門(県職員の担当者)から説明がありました

中でも個人的に興味があったのは森林問題

鹿や猿などの被害 森林伐採など

山梨県には特に深刻な問題なんじゃないでしょうか!

一番の自然環境は

人間が足を踏み入れないことだと思いますが

本当に何もしなければ

日本中 森で埋め尽くされてしまいます

ある程度は雑木を伐採し

「割箸」などに利用するのも自然環境なのかなと思います

人間が足を踏み入れることにより絶滅する植物や動物

人間が足を踏み入れなくても絶滅する植物や動物があると思いますが

私の意見は絶滅するものは絶滅しても良いのではないかと思います

無理に保護する必要もないし

時代も変われば生態系なども変わりますから

では、この時代に

「マンモス」や「恐 竜」がいたらどうしますか?

仮に「保 護」出来ていたら

その「マンモス」や「恐 竜」は不幸でしょ!

「マンモス」や「恐 竜」に変わる何かが形を変えて

「生 存」してるのではないでしょうか!?

そう考えると「保 護」が「衰 退」だし

自然破壊 生態系を崩しているのかもしれません


「環境問題」


思っていたより深いです




posted by 山 典 at 08:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 東日本大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/383518264
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック