2014年07月07日

千手観音


まわりの眼が気になりませんか?

私は 必要以上には気になりません

強がりではなくて 昔からです…

お客様がどんなことを感じていて

どうすれば良いお葬式になるのかな?

どうすれば 喜んでくれるのかな?

と言うことは

いつも気にしていますが…

それ以外は気になりません

例えば 親や友 人・ご近所・上 司などから

「お前は素晴らしい人間だ」って褒められても

「お前は最低の人間だ」ってけなされても

本当の自分の実力は 少しも変わらないでしょ!

誰かに褒められようと、けなされ様と自分の実力は

少しも変わらないでしょ!

自分の実力が向上している時は「努力」や何かを真剣に取組んでいる時で

自分の実力が低下している時は それを怠けている時で

他の人に褒められても けなされても自分の実力は上下しないでしょ


自分が何をしたいのか

どう なりたいのか

何が欲しいのか

何が足りないのか

どうすれば満足出来るのか

そのことに他人の眼は関係ない

失敗したっていいじゃん!

何回でも 何度でも やり直せばいい

千手観音の様に色々な手を使ってね!


07072.jpg






posted by 山 典 at 07:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 葬儀の多様化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック