2014年12月15日

感性と感覚と気持ち


先日のある出来事の後 こんなことを思いました

同じ空間に居て 同じ出来事を 体験しても

感じていることや 思っていることは 違うんだな〜と思いました

富士山を見て どんなことを感じますか?

Aさんは 「綺麗だな〜」

Bさんは 「大きいな〜」

思ったり 感じていることは 違うけど「感性」は一緒


これがラーメンだったら?


Cさんは 「おいしいラーメンだったな〜」

Dさんは 「まずいラーメンだったな〜」

同じラーメンを食べて

「おいしい」と「まずい」では 明らかに違う!

味覚の問題じゃないの!?

じゃ「味覚」じゃなかったら?


「いじめ」


いじめる方が 悪いと言う人

いじめられる方が 悪いと言う人

両方 悪いと言う人


「世の中」


会社が悪いと 言う人

政治が悪いと 言う人

景気が悪いと 言う人

「富士山」や「ラーメン」は どちらでも構わない

「いじめ」や「世の中」は 今回は例えただけ

「年功序列」 「長い物には巻かれろ」

ではなく 「悪い」ことは 「悪い」と思える 「気持ち」

そして 「誰が」や 「何が」 ではなくて

自分は どうなりたいのか!

非常に 強く感じています

「よっしゃ〜 燃えて来ましたよ!」

posted by 山 典 at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック