2015年05月15日

初志貫徹(再アップ)


久し振りに「この仕事を始めたきっかけは何ですか?」

と尋ねられました

たしか 前にブログで書いたよな〜?

「う〜っ 懐かしすぎる…笑」

面白かったので 最アップしました




ブログを見た友人、ご葬儀を担当させて頂いた、喪主様から

「この商売を始めた、きっかけは何?」と聞かれました

20年前、冠婚葬祭業のA社に専門学校を卒業後、新卒で入社を

させて頂きました。バブルも弾ける前 入社69名 (凄い!)

3カ月の研修期間中に、挨拶の仕方・社訓の暗記・2泊3日の合宿

また、各部署ごとに、数日間の研修がありました。

何回か、自分の希望する部署を紙に書き、提出する訳ですが当然

一番人気は花形のブライダル、次に営業本部

その他は、専門職の経理部や厨房の料理人などでした。

どの部署の研修内容も、理解が出来ました。

例えばブライダルなら、お盆にグラスや皿を乗せる場合は

大きい物や重い物を手前に置いて

小さい物や軽い物は、外側に置くなど…

でも、葬儀だけは理解が出来ませんでした。

「お焼香?…何それ?」  「何回するの?」 

「宗派?…ナムミョウホウレンゲキョウのこと?」

当時、僕の人生に、葬儀自体の経験も知識もなく、ただ…「???」でした(笑)

葬儀の研修も終盤を迎え、実際の葬儀現場に行き

体験をする機会がありました。

(当時は自宅で葬儀をしました)

現場担当者から、会場の少し離れた所で見学すること

ご親族やご会葬者に何か質問をされたら

「研修中で分かりません」と言うことを指示されました。

この後の出来事が、僕を葬儀の世界へと進ませることになりました。

13時からの葬儀でしたが、12時30頃に1人の男性が僕の所に近づいて来て

「焼香は、まだけ〜? まったく面倒くせな〜!こっちは昼休みに

付合いで来てるんだから、焼香させてくれたっていいじゃんな〜!」

そう言い、その場を立去りました。

葬儀の知識はありませんでしたが、葬儀は泣いて、悲しんでいる人がいて

そういう人達が参列をするものだと思っていた僕は

怒りみたいなものを感じました

「面倒くさい!って何?」 「付合い!って何?」 「悲しいんじゃないの?」

「ふざけるな!…俺が変えてやる!」 

種が撒かれた瞬間でした…

最終面接の時、総務部長から

「希望した部署に行けないこともありますが、頑張っていけますか?」

の問いに、「希望した所で働けないなら、辞めて、他を探します!」

そう言い、総務部長を困らせたそうですが!

我ながら、よく言ったなと思います(笑)

このブログを書いていて、懐かしさと同時に、当時を思い出し「よし頑張るぞ!」

という気持ちになりますね〜それと、交流のある同業者のみんなは

この業界に入った、きっかけは何だろう? 今度聞いてみよ〜

 
posted by 山 典 at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 県内初 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/419010207
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック