2017年02月27日

合同葬


合同葬を 執り行いました

2-26-1.jpg

合同葬とは 故人の家と

会社に 功績を残した方などが 亡くなられた場合に

会社と 故人の家とが 合同に協力をして行う 葬儀のことです

(社葬は主体が 会社になります)

会社の 現役の取締役や 生前のお人柄もあり

多くの方の ご参列を頂きました

2-26-3.jpg

今回の ご葬儀を通して

人生の儚さ…

人の温かさ…

葬儀社としての使命…

色々なことを 深く考えさせられました

もう一つ ご葬儀を通して 思ったこと…
  
  「〇〇さんの ご遺志は

   ご子息様達が しっかり 受け継いでますよ!」

最後に

「❍❍さん! 生前はお世話になり ありがとうございました」


ご冥福を 心から お祈り申し上げます


2-26-2.jpg

サンテン   セレモニー
株式会社  山   典
代表取締役 山下 典宏




posted by 山 典 at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 県内初 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月08日

君が代 (再アップ)



凄い 反響があったので 再アップしました

「君が代」


 日本の 国歌ですよね

 「き〜み〜が〜あ〜よ〜お〜わ〜」

「ち〜よ〜に〜い〜」…

歌えるけど…

何を 言ってるの?

意味が 分からない??

イメージだと!

戦争を 連想させる…

何か 暗い…

天皇万歳とか…

こんな感じのイメージですよね!

でも本当は 未来に向かって頑張ろう!

そんな 歌なんですよ

私なりに 解釈しました

(君が  代は      千代に 八千代に)    
私達は 時代を超えて 千年も万年も


    (さざれ石の 巌となりて)
小さな石が 次第に大きな岩になる様に みんなで協力して


(苔の 結ぶまで)
苔が生えるまで 固い絆で長く永遠に 平和が続きますように…


イメージが変わりましたか?

「それでは国歌を 斉唱いたします」

「一同起立!」

「君〜が〜代〜は〜千代に〜八千代に…」


posted by 山 典 at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サプリメント(竜ヶ岩洞)


 久びりの サプリメント シリーズ!

 今回は 浜松市の 竜ヶ岩洞に 行って来ました

2-7-33.jpg

 今から 2億5000年前に 形成されたそうです・・・

 2億5000年前??

 いつ頃??

 恐竜が 絶滅したのが 約6500万年前

 それよりも 全然前ですね〜

2-7-22.jpg

 地球が誕生してから 最大の危機があり

地球上の95%の生物が絶滅した時期

 その頃に誕生した 洞窟や鍾乳洞!

2-7-11.jpg

 「凄いでしょ〜!」

 いつの間にか・・・ 洞窟大好き(笑)

 小さい頃 川口探検隊を見るのと同じ感覚・・・

 知っていますか・・・(苦笑)

2-7-77.jpg

 是非 みなさんも お出掛け下さい〜

前回のサプリメント ↓

http://santen-ceremony.seesaa.net/article/434521074.html


posted by 山 典 at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月23日

家族葬


家族葬を 営みました

01-23-2.jpg

 娘様たちが 毎晩付き添われる中

  静かに お旅立ちになりました

  天国から 娘たちを見て

  お母様も 涙されていると思います

  家族葬 終了後

お母様の ご霊前の前で 一緒に

お写真を撮り お別れをしました

1-23-1.jpg

考えてみませんか 今のお葬式


posted by 山 典 at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族葬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月09日

家族葬

 

 家族葬を 1日で 執り行いました

01-09-1.jpg

 火葬を先に 済ませて

ご身内の 都合の良い 日曜日に

寺院本堂で 執り行いました

01-09-2.jpg

 近年は1日で

ご葬儀を 行うことが多くなりました

01-09-3.jpg

 初七日法要は

老舗の ホテルにて 執り行いました

01-09-4.jpg


考えてみませんか 今のお葬式


posted by 山 典 at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族葬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする